FC2ブログ

「ビジネスモデル2.0図鑑」を読んで

検討したこと・学んだこと
01 /20 2019

久しぶりに本の紹介です。
(最近あまり本を読んでいなくてダメですね・・・)

近藤哲郎著「ビジネスモデル2.0図鑑」には、こんなビジネスがあるのか!?と古い頭の私が驚く、たくさんの素晴らしいビジネスモデルが紹介・図解されています。
世の中の課題を解決したり、新しいモノゴトを創造したり、ほんとに素晴らしいです。


続きを読む

スポンサーサイト

そろそろ確定申告の準備を

検討したこと・学んだこと
11 /18 2018

今年もあと1月半となりました。
来年の確定申告に向けて、準備しないといけませんね。

今年は、低コストのインデックスファンドへの乗り換えを行ったので譲渡益が出ています。
これを、含み損のある日本個別株と損益通算します。
先月から株式市場が軟調で、含み損のある日本個別株の含み損が更に増え、売却するタイミングが難しいです^^;
例年ですと、年末は株高傾向ですが、今年はどうなりますか・・・

続きを読む

次回のバリュー平均法での投資額は!

検討したこと・学んだこと
10 /30 2018

私は2015年の後半くらいから、「バリュー平均法」をアレンジして、毎月インデックスファンドを購入しています。

「バリュー平均法」については、日経新聞の記事が詳しいです。

続きを読む

「ディズニーで学ぶ経済学」を読んで

検討したこと・学んだこと
08 /08 2018

ディズニーで学ぶ経済学」は、跡見学園女子大学教授の山澤成康先生が書かれた、ディズニー・リゾートを題材にした経済学の本です。大学で初めて経済学を学ぶ学生を対象にしているので、読み易い本でした。

内容を一部抜粋します。

  • ディズニーランドの歩み(日本経済史)
  • 株価はどう動くか(株式市場)
  • 東京ディズニーランドのサービス(人材管理)
  • 値上げや割引はどのように決めるのか(価格戦略)
  • 財務データからみるオリエンタルランド(会計学)
  • 「お姫様」と女性の社会進出(ジェンダー論)
  • ディズニー・キャラクター(知的所有権)

合計15章にわたって書かれています。ディズニー・リゾートが如何に題材としてふさわしいか、経済学的にも論じるに値する、興味のある世界かが分かります。
子供も大人も、みんな興味のあるテーマパークですしね。

私はディズニー・リゾートより、本体のディズニーのコンテンツビジネス(ミュージカルや映画)の方が興味がありますが、この本はオリエンタルランドがメインです。
私は投資対象として、オリエンタルランドはあまり考えたことはありませんが、ディズニーならあります^^;
なので、オリエンタルランドを投資対象として見る方が読むと、また違った視点になるかもしれませんね。

「10年後の仕事図鑑」を読んで

検討したこと・学んだこと
07 /25 2018

ホットな本ですが、図書館で早く借りられました。
10年後は私はもう働いていないかもしれませんが、世の中がどうなっていくのかは、やはり気になります。

AIに奪われる職種があるというのは、少し前にニュースになり、結構有名だと思います。
本書に書かれているのは、それとほぼ一致します。
でも、そんな世の中になるのなら、どう考えていけばよいかが書かれているので、学生さんとか20代、30代の方は大いに参考に、刺激になると思います。

続きを読む